英語の小説の翻訳の単価は低い?それとも高い?

初めまして、私は雑誌の編集とプログラミングのお仕事をしている36歳になる男性です。現在、大阪から兵庫に移り住みました。私の副業の体験談ですが、一時期英語の小説の翻訳というものをしていたことがあります。これは雑誌の編集の仕事をしていた際、知り合いから英語の小説の翻訳を頼めるかと言うことになり引き受けたお仕事がそのまま副業としてずるずると続けていったお話です。

お仕事の内容ですが、ファンタジー小説、SF小説、サスペンスやホラーと言った小説を翻訳すると言う物で地道に小説を読み進めていきひとつずつ翻訳していくと言う物で、パソコンで送られてくる小説の文章を翻訳して提出すると言う物です。この時、こういった感じで翻訳してほしいという要望がある場合その要望に従い翻訳をしていくので結構骨が折れる仕事です。

なお翻訳には期日が設けられており期日までに納期してオッケーが出ると報酬が支払われると言う物で大体200ページくらいの小説を1万円から2万円で引き受けるという仕事内容です。それを何日かけて読み進め翻訳するかと言うのが翻訳の仕事でジャンルによって進みが違うのが特徴だと思います。

これは、翻訳をする側、この場合、私が得意としているジャンルが合えば1日で終わる物もありますし3日以上かかる物もあるということで私の場合、SFとファンタジーには強いがその他医学ですとか伝記、ホラーと言うジャンルは苦手です。特にホラーは読み進めるのがだんだんと嫌になりサイコ系のホラーですと心理的な恐怖があるので嫌なジャンルです。

翻訳の仕事って言ってみればえり好みできないのが難点でして、自分が好きなジャンルですと翻訳すること自体苦にならない上に無料で小説が読めるのですから儲けたと思えるのですが、自分が嫌いなジャンルが来た場合、やりたくないなあと言う気持ちが強くなるのです。しかもそれが普通の小説ではなく長編小説の場合、連続して依頼を受けることもあります。

例えばホラーを受けたとして再度そのホラーの続きをやるわけですから嫌になってきても続けねばならないのです。これを途中で休憩した場合、何が起きるかと言うと、前の小説の内容を忘れてしまうのです。つまりパートワンの内容を忘れているが故にパート2の翻訳を頼まれると翻訳文がおかしくなり、一番やってはいけないミスが名前のミスなんです。特に英語の小説は日本人の名前のように分りやすいにゅあすの名前ではないので統一しなければわからなくなるのです。

例えば、ジョンソンとジェンソン、アンダーソンとアンダソンとでは一応通じますが違和感はありますよね。この違和感がだんだんとひどくなりパート2は何か違う人が翻訳したのかと思うのはこうしたことが原因なんだと思います。つまり、翻訳した人物がどう翻訳したか覚えてないのです。

特に、専門用語が出てきた場合、翻訳の文章が異なることで混乱するのはSFでこうした翻訳においては事前に出てきた単語をどうするかと言うのをメモしてから翻訳をするんですが、希にメモしきれなかった文章や単語があった場合、そこから小説の翻訳がおかしくなるのです。

私はこの翻訳のメモなどをするのがだんだんと嫌になってきたうえでさらに報酬の単価が安くなったことで翻訳の副業は辞めました。ただ、私個人としては英語の翻訳の仕事の単価が下がることは仕方がないことであると感じてました。その理由ですが、googleの翻訳機能がものすごく向上してしまいまして今ではスマートフォンから文章をカメラで撮り翻訳するアプリなどの他そのままテキストを翻訳サイトに放り込むだけで意味が通じる翻訳文章を翻訳サイトが作成してくれるため英語の翻訳と言う仕事が減少したり、報酬額が少なくなるのもうなずけます。

今では長文の英語の小説でも8000円行けばよい方なのではないでしょうか。それほど翻訳と言う仕事は魅力がない仕事になってしまったということです。私はゲームが好きなんですが英語のゲームを翻訳した作品って結構多いですよね。その翻訳されたゲームもなんかおかしな翻訳になっているなと感じたことは無いですか。あれも多分ですが、英語の小説と同じで報酬額が減少したため、翻訳機か何かで翻訳しているのだと思いますね。

最初でこそ、無料で小説が読めてラッキーだったんですけど、要求される注文が多くなればなるほどやる気を失ってしまったのがこの英語小説の翻訳の仕事です。ちなみにゲームの翻訳については過去に一度だけお手伝いしたことがありますがあっちも同様に骨が折れ、その理由は遊んでないと分らないことが多く、遊んでから翻訳しないといけないためよほど時間がないとできない仕事だなあと言うことです。

小説であれば空いている時間があれば翻訳可能ですけどゲームの場合、途中中断できるものであるかどうかわからないのでぶっつけ本番で訳していることも多いので私としてはまだ、小説のほうがましだったというのが英語の翻訳の仕事における本心です。

minneにハンドメイドのアクセサリーを販売した体験談!

私はもともとアクセサリーを作るのが趣味でした。しかし、それを自分で使う以外で販売した経験はなく、どのように収入に繋げて行けば良いかも分かりませんでした。

とりあえず、ハンドメイド販売サイトのminneに登録し、何気なくそのサイトを見ているときに、「今売れている特集!」というような紹介ページで、ブローチが目に留まり、とても素敵だなと思っていました。

その後、仕事で知り合った人がハンドメイドでアクセサリーを作っていることを知り、どんなものを作っているのか見せてもらったり、minneのページを見せてもらったところ、私が目に留まったブローチの作家さんだったことを知り、とてもビックリしました。

それから、こうやってハンドメイドの商品がネットを通じて様々な人たちのもとに届けられていることを実感し、自分もやってみようと思うようになりました。

その後、たまたま職場で委託販売が始まり、何人か作家さんのハンドメイド作品の委託販売の契約を進める仕事を担当していたこともあり、さらに興味が湧きました。

私もハンドメイドアクセサリーを作っていることを職場の人に伝え、作品を委託販売として扱ってもらえることになりました。それから、本格的にブランド名を考えたり、コンセプトを考えたり、販売棚が充実するようにアクセサリーのパーツをいろいろ揃えるようになりました。

委託販売は、10パーセントが手数料として引かれてしまうのですが、初めての販売だったので値段は800~1200円など、安めに設定しました。そして、初めて商品が売れたときはとても嬉しかったです。

その後も、徐々に売れ行きは伸び始めて、月に1万以上の売り上げになることも増えました。

イヤリングをピアスに変更して欲しいという要望には迅速に対応したり、お好みのパーツでオリジナルで作ってあげたり、様々な工夫をしながら委託販売を続けていました。

ある日、私のアクセサリーを見て、イベントに出店してみてほしいと声をかけてもらったことがきっかけで、イベント出店もしました。

いつかやってみたいと思っていたので、とても嬉しかったです。委託販売だと、自分自身でお会計をする時とそうでない時があるのですが、イベントの際は常に店頭に立ってお客様の顔や反応を見ながらコミュニケーションできるので、非常にやりがいを感じました。

その日の売り上げは、1日で17,000円ほどで、初めてにしてはとても満足のいく結果になりました。
副業と言えるほど毎月安定的な収入がある訳ではないのですが、本業とは違ってやりがいと楽しい気持ちです。

たった数千円の売り上げだったとしても、数百円だったとしても、自分のアイデアや想いを形にしたモノが誰かの手に渡るときの感想や嬉しさ、また頑張ろうというモチベーションは自分を満たしてくれるものだと思います。

少ない収入であっても、自分が楽しいと思えるような、ある意味、趣味の延長でお金を稼げるようになっていきたいと思っています。今後はネットでも販売していけたらと思い、ショップサイトを開設できるように準備をしています。

今の時代は、そうやって学生でも主婦でも、様々な才能を活かして、それを発信する場が増えていると思います。副業と言うと、いろいろなジャンルがありますが、ハンドメイドの販売をして毎月大きな収入を得ている人も中にはいるので、狭き門かもしれませんが、希望も持てる副業だと思います。

まずは、0から1へ!メルカリとランサーズの副業をした!

副業と言ってもまだ、大きな成果はなく小さな一歩を踏み出したところです。副業は0から1を生み出したところからスタートになります。この経験が大切だと思います。

小さなことから挑戦しましが、成功したのは3分の1と言ったところでしょう。

経済的不安もあり、初期投資をなるべくしないで、始めたのでジャンルとしては、初期投資をすれば成果が出る場合もあるかもしれませんが、あくまでもほぼ0からのスタートという理解でお読みいただけたらと思います。

0からのスタートの副業について紹介します。
まず、稼げた副業から紹介します。

2つあります。
メルカリとランサーズのライティングです。

メルカリは、家にある本をひたすら売り続けました。たくさん出品するのがカギです。
1日1冊は出品するという気持ちで取り組みました。
特に専門書は高く売れます。もう、人生0なので、売れそうなものは売りました。

1か月5万を目標にしましたが、これは、なかなか難しい数字で、とある有名ビジネスYoutuberは、1か月5万は無謀な数字だと言っていました。なぜかと言うと、0からの目標としては高すぎると言うか、中途半端な数字なのです。もっと上を目指す人の通過点になる数字とのことです。

1か月の収益は1万5千円程度でしたが、0からと考えると成果が出た方だと思いいます。
メルカリは、評価を集めることが大切だと言われています。ということは、小さくても出品数を増やすこととにつきます。

まだ、売れてはいないのですが、ジモティで0円のものをもらって、それも出品しました。
本の場合、重要なのは値段設定です。同じ本が出品されていれば、値段をリサーチしてみることが大切です。

出品してすぐ売れた時は、もっと値段を上げておけばよかったと後悔しました。メルカリでは、よくあることです。

あとは、送料も考えての値段設定です。ゆうパックになってしまうと、品物の割には利益があまり出ないこともあるので、注意した方が良いかもしれません。

売れたら早く発送することも信頼につながります。
メルカリは、一番結果の見えやすい副業です。

次に、ランサーズのライティングです。自分の体験談を10000字以上で書くという仕事です。10000字は少しきついですが、毎日コツコツと続け、1週間と少しで書き上げました。内容は、自分の病気のこととダイエットの成功の体験です。

書いている時は、つらくなりましたが、千円単位の報酬があり、相手の業者さんが誠実だったのか、約束通りの取引になりました。あとは、小さなものでもコツコツと取り組みました。

一つだけ、気がかりなのは報酬をいただいた分著作権は、先方に移ってしまうのです。10000字以上書くということは、自分の経験を頭の中から絞り出さなければ書けない量なのです。

生における自分の貴重な経験と考えると果たしてその値段で良いのかという疑問が頭の中を過ります。

でも、わずかでも0かお金を生み出した経験には変わりありません。ランサーズの使い方が分かっただけでもこれから先につながる貴重な経験なのです。

この2つが成功例です。
失敗もしています。

1つは、Shinobiライティングの案件です。HPを参考に文章を書くのですが、内容はそこに縛られ、HP以上の言葉が見つからず、苦労して書き上げ、しかも、AIから厳しいチェックが入ります。

例えば、漢字が多い、少ない。句読点が多すぎる。指定ワードを入れても、入っていないことのなってしまっている。などなど、難しい注文ばかり、必死の思いで修正しても不採用の連続で心が折れてしまいました。

努力しても0、現実なのかもしれませんが、辛すぎます。先程のランサーズの案件は、仮払いをしていただいてからの作業なので、何となく信頼できます。しかし、Shinobiライティングの方は、原稿を提出してから、何日か経ってから、不採用の連絡が来ます。文章を書く腕に覚えありなのですが、あきらめてしまいました。

2つ目は、アフリエイトです。ブログをもっていない状態から始めました。本当であれば、サーバーを借りて、Wordpressを入れて本格的にやらなければいけないのですが、サーバーを借りるのにもお金がかかります。

無料でできるブログを選んで、始めました。amebloとはてなブログです。amebloは数名読んでくれる人がいて、励みになりましたが、アフリエイトの方は、さっぱりです。

実は、今、何もかも失って0の状態です。人とのつながりも0の状態です。本来であれば、SNSで拡散するという方法もあるのですが叶いません。それでも、読んでくれる人がいるということはうれしいことです。

はてなブログは、本当の0からのスタートで0にしかなっていません。しかも、アフリエイトのサイトからも断られ、八方ふさがりです。アフリエイトもしっかり勉強すればよいのかもしれません。

これからは、動画編集、Youtubeなど、新たな分野に挑戦していきたいと考えています。

 

私が最も合っているとクラウドソーシングの副業のエピソード!

私の副業のエピソードとしましては、主人の転職で収入が下がり、どうして良いか分からない状態で、郊外では働ける場所も少なく、過疎が進んでいる市内でありました。

必然的にパート勤務につきましても、場所が限定される形でした。

元々コミュニケーション能力が低い私としましては、自然と職場を追われる形となり、無職になってしまいました。

そこから、何か始めなければならないとインターネットで副業を探しておりました際に、「クラウドソーシング」の作業と出会うことができました。

クラウドソーシングとしましては、最初は、どんな感じなのかな?と本人登録しないで、ライティングの作業としましてた。

簡単な300文字程度でのブログ作業や、500文字での化粧品のレビュー等自分のペースで、クラウドソーシングを進めていく形となりました。

そうしますと、意外と自分自身に向いていることが分かりました。

しかし、毎日の本人登録されていないページでのタスク作業や、プロフィールが一切ない状況での作業では仕事のできる幅につきまして限りがありました。

もっと仕事を意欲的にしたい!と思えましたのでは、ありとあらゆる自分自身に関する情報を登録し、打ち込むことにしました。

その結果としまして、仕事量が従来の二倍から3倍の範囲でできる形となりました。

長く経験を積めば実績を積めば積む程、限定公開の仕事に着手できたり、毎日充実したライティング形式での仕事ができる形となりました。

自分自身としましては、家に籠りながらでもできる仕事としまして、大変重宝する形となりました。

対人関係が元々苦手であり、それで仕事を失敗してきましたので、自宅でできて、誰にも迷惑をかけないでできる仕事としましては、最適の他なりませんでした。

また、タスク作業での日々の作業を実感しながら、少し背を伸ばすような形で、プロジェクトの仕事につきましても、実施させて頂く形で、今現在、プロジェクトの仕事の方も受注させて頂いています。

成果を出すことができております。月収としましても、調子が良い月では、6万円~7万円の実績を積むことができております。

今後も自宅にいながら気軽にできる副業としまして、クラウドソーシングでのライティング作業を重宝していきたいと考えております。

誰でもすぐに気軽に手軽に取り組める副業でありまして、実績を積めば積む程、仕事の幅を増やすことができますし、仕事量も確実に増やすことができます。

ここからは私がクラウドソーシングであります副業で得ることができたテクニック的な部分であるのですが、副業でありますクラウドソーシングを始めてから気づいたことがありました。

それは、何度もやり取りさせて頂いているユーザーからは、オファー依頼で仕事をもらえる可能性が非常にあると言うことでした。

よく私がタスク作業を実施させて頂く方につきましては、そのクライアントの方が仕事をもてあましていて困った時に、メッセージを頂き、そこから、個別でのタスクの仕事やプロジェクト形式での仕事を紹介して頂くことができました。

そこから更に継続して実績を積み重ねることができましたら、更には、継続して発注をして頂けるクライアントの方にも出会うことができました。

しかしそれは半永久的にではなくて、期間の区切りのある仕事でありましたが、そのような仕事を継続して発注して頂けるようになりましたこともやはり実績が物を言う世界であると言うことを認識することができました。

また、この業界では、クラウドソーシングの業界では、私は毎日タスク作業を実施しているものとしまして、必ずと言って良い程半月程度仕事がない時があります。

毎日タスク作業を実施して稼いでいるものとしましても宿命的な部分でありますので、この半月程度仕事ない時期につきましてどのようにして作業を実施するかと言うことがポイントになります。

私の場合としましては、普段、そして今現在の仕事のスタイルでもそうなのですが、タスク作業しか実施しないのを180度切り替えて、プロジェクト方式での仕事に手を出してみると言うことを経験してみました。

このことによりまして、期間はかかりますが、プロジェクト方式の仕事を受注させて頂くことによりました。

毎日の収入は途切れる代わりに、文字数の多いプロジェクト作業を完了して承認して頂き、支払いが完了すれば、ドカっとお金が振り込まれる形となります。

これは、毎日タスク作業して得られる対価と同じであると判断できましたので、やはり、仕事がない時には工夫してそのような試みも重要であると思われます。

また、一つのクラウドソーシングの形態に依存するのではなくて、仕事がない時期については、併用して、実施することも重要であります。

是非、そういったスタンスで仕事のない時期におきましても、臨機応変に仕事のやり方を変化させて対応してやっていくことがクラウドソーシングである副業との向き合い方であると思われます。

アンケートサイト・ポイントサイト・クラウドソーシングの副業!

私自身が副業を始めようと考えたのは、住宅ローンを抱え、子供の教育費も考えると自由にできるお小遣いを家内に増やしてもらうお願いをするのが難しいなと考えたからです。

もちろん、会社にばれてしまうような副業はできませんし、業務に影響を与えるような副業を行う事は考えていませんでした。そこで私自身が取り組んだのは1番最初はインターネットを活用したアンケートやポイントサイトからでした。

スマートフォンやパソコンを活用してこまめに対応するのですが、正直なところどれだけ頑張っても毎月稼げる金額は決まっています。それでもアンケートサイトやポイントサイトも複数登録して可能な限り毎日コツコツと続けることを覚えました。

朝30分ほど早く起きること、通勤時間の電車の中で新聞を読む時間以外を作りアンケートサイトやポイントサイトに取り込む。さらに自宅に帰ってからも30分から1時間は取り組む時間を作ることにしました。

結果として、体験型のポイントなどを合計すると3000円近く毎月稼げるようになったのですが正直なところまだまだ物足りないと言うのは否めません。しかしながら、これ以上アンケートサイトはポイントサイトに頼っても実行できる時間もなく、逆に効率が下がることも見えていました。

そこで次に考えたのが、クラウドソーシングサイトです。あるインターネット広告で見つけたのが最初です。インターネット経由でネーミングや翻訳、プログラミングといった専門的なスキルがなくても、ライティングで稼ぐことがわかったのです。

自分自身、文章を書くことにあまり抵抗がないこと、さらには内容によってはかなりの金額になることも何となく分かったのでまずは登録するところからスタートです。

最初はなかなか、自分でもどうしたらよいかわからない時期もありました。また、アンケートサイトやポイントサイトと同じく、複数のサイトに登録して取り組みを始めた次第です。

数ヶ月もしてくると、なんとなく自分自身にマッチしたクラウドソーシングサイトがわかってきます。最終的には現在は2つを主にとりくむことにしています。

最初は100文字、200文字、400文字からスタートして、時には2500文字、テーマに合わせて複数回のライティングなどもこなせるようになってきました。ここまでくるとかなり、うまくいっているといえるでしょう。

私自身はアンケートサイト、ポイントサイト、クラウドソーシングサイトを組み合わせて毎月目標金額を設定するようになりました。
もちろん、比率から見てもクラウドソーシングサイトが大きくなるわけですが。毎月、目標金額と達成率を出すようにすると稼ぎだけではなく、本当に楽しくなるものです。

また、すぐに現金にしてしまうと金利もほぼない0金利時代です。最近では通信キャリアなどさまざまなポイントをためてポイント投資として運用するサービスも生まれています。
もちろん、現金にしか変換できないサービスもありますが、せっかくなら更に増やしていこうという取り組みまで始めているのが現状です。

実際にこうした取り組みをしていると自分自身があらゆる、情報に対して敏感になることもできます。アンケートサイトでは、今どんな情報を知りたがっているのか?。ポイントサイトでは、どんなサービスが積極的に広告を打とうとしているのか、どのようなアプリがダウンロードされているのか?などがなんとなくわかるようになります。

また、最近は全てね活動をこうしたポイントサービスなどでふやすことに結びつけています。たとえば、インターネット通販利用時もポイントサイト経由で必ず行い還元する。またはアプリをダウンロードする際もポイントサイト経由で行い、ポイントを付与するといった具合です。

ライティングに関してもさまざさまなテーマに対応できるように、気になる情報があれば、書き留めておき、自分自身の引き出しを広げる活動を行えるようになっています。これはひいては普段から様々な会話に対応できると言うことでビジネスでもプラスに働いているような気がしています。

もちろん、文章を書く機会が増えましたので、どうすれざ伝わりやすいか、起承転結をどのようにすべきかなどライティングの技術もかなり上がっていると思います。

これは、ビジネスでメールや文章を書く際のレベルアップになっているのは間違いありません。

実際に、わたしが行ってきたことは特定のスキルが必要なく、だれでも取り組める副業だといえるでしょう。毎月5万円以上を収入として得ることもかなり簡単にできると思います。

まずは自分自身が何ができるか?どれくらい時間があるか?どれくらい稼ぎたいか?などを明確にして、ネット副業であれ、リアルな副業で安保決めていくことができれば、今の時代誰でもそれなりに稼ぐことができるはずです。 

むしろ、これからも市場がどんどん広がっていると考えた方が良いでしょう。

在宅で手作りアクセサリー作りの副業をした体験談!

最近では、外出を自粛しないといけなかったり、バイトやパートの仕事が減った関係で、副業をする人が増えてきました。
それで、以前に比べて、楽に副業して稼げるといったおいしい話は、減ってきたようです。
私は、大分県に住んでいる40代の主婦です。
外に仕事に出ると、衣服代などで、逆にお金を使ってしまいそうなので、在宅でできる副業を探しながら、コツコツと稼いでいます。
これから、私が日々頑張っている副業のノウハウについて紹介していきますね。

クラウドソージングでのバイト

今までに、古本のせどりやアンケートサイトでのポイント稼ぎなど、様々な副業をしてきての感想ですが、一番楽に稼ぎやすいのが、クラウドソージングです。

クラウドソージングの仕事の種類も、プログラマーやゲームなどのソフト、アプリ開発、ライター、デザイナー、ロゴの作成など、いろいろな仕事があります。

プログラマーやゲームソフト開発などの、高いスキルがあると、在宅でもサクサク稼げるようですが、私の場合には、所持している資格が、美容関係や秘書検定2級、ダイエットアドバイザーといった資格ばかりなので、ライターとして副業をしています。

美容関係の専門記事の執筆ですと、稼げた月で、10万円ぐらいになりました。
稼げない月になると、数千円にしかなりません。
自分の頑張り次第で、ある程度は稼げるので、副業でも支度金のいらないクラウドソージングはおすすめです。

クラウドソージングの副業は即金になりやすい

クラウドソージングの副業がおすすめな点は、仕事をしたら、すぐに仕事内容をチェックされ、合格するとギャラがすぐに換算されるのです。

ギャラが、自分が指定した銀行口座に振り込まれるのは、月2回です。

月に2回の自動振込を指定しない場合には、ギャラがある程度換算された後に、自分が好きなタイミングで、自分の口座に振り込んでもらうことができます。

外で働くバイトですと、水商売でない限りは、月収制度がメインなので、月に1回しか収入がありませんが、クラウドソージングですと、月に2回収入があるので、何かと便利です。

在宅で手作りアクセサリー作り

副業として、おすすめの仕事では、在宅で手作りのアクセサリーを販売することです。

フリマやメルカリ、ヤフーオークションなどのサイトに出品すると、家で作ってネットに出品して、売れたら、郵便局やコンビニ、ヤマト運輸の支店から配送するといったスタイルなので、外出自粛中でもできる副業です。

ただし、手作りの物を売る副業に関しては、作った物が必ずすべて売れるといった保障はありません。

手作りの副業をする際には、自分も使用する物でないと、もしも売れ残った時には、材料費がもったいないです。

私の場合には、自分でも普段身に着けるアクセサリーをたくさん作っては、ヤフーオークションに出品して販売しているので、使わないまま新品が売れ残ってしまい、在庫を抱えるといったリスクは少ないです。

手作りアクセサリーの収入は、バラバラです。

材料費が1000円の物をヤフーオークションでだいたい1500円から2000円で販売しています。

だから、2000円のアクセサリーが売れたとしても、送料や落札手数料などを差し引くと、純利益は800円ぐらいです。

大量に売れるといいのですが、最近では手作りアクセサリーも競争が激しいので、年に数万円ぐらいにしかなりません。

そう考えると、仕事をした分、着実にお金になるクラウドソージングの副業は、楽に稼げると感じました。

今後の副業について

外に働きに出ると、疲労が溜まったり、洋服代や交際費などで、逆にお金がかかりそうなので、できる限り在宅でできる副業で稼いでいきたいと願っています。

クラウドソージングの在宅ライターの仕事と、手作りアクセサリーの仕事以外にも、在宅でできる副業を増やしていかないと、老後の資金が不安です。

今は健康なので医療費がかかりませんが、老後に医療費などがかかるようになると、今ぐらいの副業収入ではやっていけそうにありません。

今後トライしてみたい副業は、簡単なパンツ(ズボン)やワンピースなどの洋裁をして、ヤフーオークションやフリマに出品することです。

私が住んでいる街には、駅ビルやデパートがありますが、個性的な服があまり販売していないので、どこにも売っていないような、セレクトショップで販売しているようなオートクチュールのおしゃれなパンツやワンピース作りをして稼ぎたいです。

フランスには、おしゃれな古着屋さんや蚤の市があり、古い服でもとてもおしゃれなデザインが多いので、そんな芸術的な作品作りの副業にチャレンジしていこうと思っています。

副業も、ただお金を稼ぐことだけを目標とするよりも、いくつかの副業をかけもちして、趣味も副業にすると、より充実した日々を過ごすことができるようになります。

副業として作ったアクセサリーや服がたくさん集まったら、どこかの場所で個人フリマをしてみたいといった夢もあります。

副業の種類も、様々なので、他の人がやっていることをお手本にしていこうと思います。

副業で始めたアドアフィリエイトの体験談!

YouTubeを見てたら広告が現れて、そこにアドアフィリエイトの副業で稼ぐというものがありました。
とても稼いでいるようだったことと、将来、インターネット広告についても知ることができるならいいかなと思い申し込みました。

そして、実際に実践してみることに。アドアフィリエイトで作るサイトは、本当に簡単に作れてしまい、実質1日で出来てしまいました。その記事をFacebookやバズビデオ、tiktokなどの広告に配信するというものでした。

自分も薄毛対策の商品をアフィリエイトして、バズビデオに出してみることにしました。初めは、100円でも消化されていくと、どきどきしていました。

そのうち、慣れてきて、広告を次々に配信しました。

アドアフィリエイトのいいところは、広告費を投入すれば、すぐに自分の記事を見てもらうことができるという点です。SEOのアフィリエイトでは、ブログやホームページを作ってから、1年とか2年とかしてようやくアクセスがあり、反応を見ることができるというものです。それだけ時間をかけても収入を得ることができないこともあるのです。

一方で、アドアフィリエイトでは、広告配信してすぐに結果を知ることができます。結果が良く無ければ、記事を修正してまた配信していくことができるのです。少しスピリチュアルな話になりますが、自分の記事を広告配信して多くの人に見てもらうと、集合意識のようなところで繋がっているのか、その人達の考えたこととかが少し感じられるようになります。

そうすると、記事の修正点などが浮かんできて、また記事を直し、広告配信をしていくことになります。

この繰り返しをしていくことで、どんどんと読まれる、そして成約しやすい記事へと変えていく事をしていきます。このステップがアドアフィリエイトでは、とても楽しい作業かなと思いました。

実際に、はじめに出した記事LPは、とても刺さる切り口だろうと思って広告に出すのですが、意外に成果が出なかったりします。そうして、またリサーチをしっかりとしてみると、もっといい切り口があるかなと思ってくるのです。

アドアフィリエイトの中でリサーチというのもとても大切です。ターゲットとなる人を一人に絞り、その人に対して、記事を作っていきます。悩みを持った人が集まる、ヤフー知恵袋などで検索をして、どんな悩みを持っているのか調べたりします。

リサーチをしていくと、どのような悩みがあるのかが明らかになり、より詳しい切り口を考えることができます。

自分の記事LPを作るうえで大切なのが、切り口を考えることです。その切り口によって、反応というのは、大きく変わってくるでしょう。いい切り口を書けば、広告主LPへの誘導率も上がり、良い成果に繋がっていきます。

また切り口を考えるときに注意することが、広告主LPに書いてあることを良く読むということです。よくあるのが、自分だけで切り口を考えてしまうことです。切り口自体はいいのですが、広告主LPにその内容が書いていない場合に、誘導は出来ても、成果に繋がらないという事が起きるのです。なぜならば、自分の記事LPを見て、いいなと思ったユーザーが、広告主LPの記事を見ると、全く興味のあることが書いていないということが起きるのです。

このように広告主LPの内容をよく調べるということはとても大切です。

私自身は、このような作業をして、1ヶ月くらいで成果が出ました。成果が立て続けに出て、3件までは出ることができました。しかしその後の成果が続かず、切り口を変えたりして、反応を見ているという状態でした。

副業としては、アドアフィリエイトは、とても可能性のあるビジネスだと思います。

少しでも広告配信したものが黒字になるのであれば、広告費を上げていけば、そのまま成果が大きくなる可能性があるからです。私自身は、まだ大きな成果までは出ていませんが、中には、月に1000万以上稼ぐ人もいるし、私の入ったところでは、月に50万以上稼ぐひとが沢山いるという状態でした。

このように考えると、副業として、月5万とか10万とかをアドアフィリエイトで稼ぐというのは、現実的なものだと思います。私自身の流れの中では、初めて1ヶ月半くらいで成果が出て、その後4か月くらいしたら、成果が安定しているという感じです。

一旦記事LPを作ってしまえば、大幅な修正はそれほど頻繁には、無いので、一日にやることは少ないです。修正がある場合でも1時間程度あれば修正することができますし、それ以外の時は、広告のデータを見るくらいしかやることがありません。

これからは、YouTube広告にも興味があるので取り組んでいけたらいいかなと思っています。

さらに、収益を安定させて、本業を辞めて、起業するという目標に向かっていけたらと思っています。
また、無料で行うアフィリエイトと違って、アドアフィリエイトは広告費がかかるので、ビジネスをしている実感があります。

歴史ゲームブログとファンタジーブログの副業をした体験談!

初めまして、私は雑誌の編集のお仕事をしている性別は男性で36歳になる者です。兵庫県に在住しています。私の副業の体験ですが、私はゲームのブログを解説していまして、レトロゲームのブログを過去運営していました。内容としては、ファンタジーゲームや歴史シュミレーションゲームと言った感じで昔ながらのターンベース制ゲームやRTSと言う現在進行形でゲームが進んでいくシュミレーションゲームの解説などをしていたサイトで副業していました。

当時、歴史関係のゲーム、例えばハーツオブアイアンとか、panzer corpsと言ったゲームが流行ってましてそのゲームをプレイするにはどうしたらよいかと言うようなことで解説して収益を得てました。収益自体は少なく3か月に一回換金できるかどうかと言うような感じで副業していたのですが、私の場合、利益を狙うというような副業ではなく、ゲームのプレイヤーを増やしてお友達を増やそうということで最初始めたのです。

それがどうやら商業で成り立つのではないかと思いゲームを解説したり、英語のゲームをどうやって日本語化するかなどを紹介することで利益を得ることが出来るようになったのです。ただ、利益を得始めると問題としては段々とゲームを楽しんでプレイしていないように感じ始めたのです。

何故そのようなことになったのかですが、やはり、ゲームの面白さを必死になって探すのですが段々とネタが尽きてきたのです。と言うのも歴史系シュミレーションゲームと言うジャンルは実はそれほど多くは無いのです。例えば日本で有名な歴史シュミレーションゲームですとコーエーやシステムソフト、ジェネラルサポートの3社しかなく、その中で興味を持ってもらうとなると第2次世界大戦と言うジャンルが結構興味を持ってもらえるのですが問題は、日本ってこの手のゲーム少ないんですね。

例えばこーえですと提督の決断がスーパーファミコンでありますが1から2作目まであとはプレステやプレステ2またはパソコンだったりと少ないんです。次にシステムソフトですがこちらについてはあまり、ゲーム自体の評判があれでしてあまり興味を持ってもらえなかったです。そして最後のジェネラルサポートですがこちらは、あまりにも内容が濃すぎましてブログを訪れた方々に人に引かれました。

結論としては日本においては人気のあるジャンルってどちらかと糸ファンタジーなんだと感じます。と言うのも歴史シュミレーションゲームのブログがダメかなと感じ始めた際、ファンタジー系のブログをやってみたのですが、こちらについてはうまく軌道に乗り1か月で換金可能な金額を得ることが出来結構お金になりました。

ちなみにこの時は確か、異世界ファンタジー物が流行し始めたあたりだったように思います。内容としてはこちらの同様ゲームなんですが、私もちょっとだけ学習しましてゲームばかりですとネタが尽きるような気がしまして漫画などの他小説と言う物を紹介してました。この試みは当たり、結構小説に興味を持ってもらったりぬいぐるみなんかも興味を持ってもらえました。

ぬいぐるみと言うのはファンタジーなんかで出てくるドラゴンのぬいぐるみのことで結構男性女性問わずアクセスして貰えたように思えます。後、ボードゲームなども熱かったことがありましてこちらは同僚とプレイしたことがある物を紹介してこんなボードゲームがある世みたいな感じで紹介してたのです。

ただ、このファンタジー系のブログもあることがきっかけで辞めてしまいました。そのきっかけですが本業の雑誌の編集のお仕事のほうがものすごく忙しくなりましてブログの更新をすることが出来なくなり、それと並行する形でどんどんと閲覧者が減少し始め潮時かなと判断し辞めたのです。まあ、私の場合、最初は自分が好きなジャンルのゲームでプレイ人口を増やそうという試みから始めたのですがまさか本業がものすごく忙しくなるなんて思ってなかったです。

と言いますのも、本業の雑誌なんですがパソコンの部品関連を扱ってまして、それほど最初は忙しくなかったんです。もちろんパソコン全盛期の時はものすごく忙しかったんですけどある時、急に忙しくなくなったのです。その為副業としてゲームのブログを始めたということです。

ですが、仮想通貨が流行し始めた際ゲーム用のグラフィックボードが注目され始め、マイニングで使用することが出来るということもあり急激に忙しくなり歴史ゲームのブログと同じ道をたどり辞めてしまったのです。逆に忙しくないままだった場合現在でもそのブログは潰さずにやっていたと思いますが別に後悔はしてないです。

元々暇だった時間を潰すために初めてゲームの参加者を増やそうとしただけですし、それをビジネスに出来るのかと言う形で挑戦しただけですので本業が忙しくなった場合そうなるだろうと半分思ってたのでこの結末に対して私は何も不満はないです。ちなみに私、これ以外にも副業してましてブログだけではなかったのですがやはりそちらも本業が忙しくなり辞めましたね。

副業始めよう〜初心者OK!のWEBライター・ブロガーの仕事!

初めまして。
ここでは、誰でも簡単に始めることができる副業について話していきたいと思います!

副業…皆さんはどんなイメージがありますか?

  • 主婦のお小遣い稼ぎ
  • 専門的な知識を持っている大人の休日ワーク
  • 時間がある学生のバイト

こんな感じでしょうか?

近年副業を始める方が本当に増えています。
副業にも種類はいろいろありますが、やはりダントツで増えているのはパソコン1つでお仕事ができるWeb関連の仕事です。

今の時代、どんどん人の手を介さないお仕事が増え、それによってサイトで掲載する文章やイラスト、デザインなどがたくさん必要になっています。なので、求められる人材もITに詳しい人だったり、プログラミングの専門知識も持っている人の需要が高まっています。

そこで、今日はパソコン一台で簡単に始められる副業を紹介します!

ちなみに私も、パソコンがあるなら何かやってみよう…と思い始めたひとりです。
軽く自己紹介をしたいと思います!

【年齢】18歳
【出身地】滋賀県
【好きなこと】洋画鑑賞、写真

【経歴】地元の小学校→中学校→全日制高校とありきたりな人生を過ごしたものの、
高校在学中に自分の中で「何かが違う」「これが私のやりたいことなのか」「この先どうしよう」と思い悩む。

そこで何かが弾け、頑張っていた勉強もピタリとやめる。そうすると学校へいくこと自体も疑問も持ち始める。
しかし、学校に通わなくても高校卒業できることを知り、通信制高校へ転学。勉強の他にも何か始めたいと思い、副業として、主に文章や記事を書いています。

当時の私はやりたい仕事なんてない!といった感じでした。
でも、バイトでお金は稼ぎたい…と思っていたのでパソコン一台で始められる副業は片っ端から調べました。
調べてみるといろいろあるもんですねぇ…(笑)

〈パソコン一台で始められる副業〉

  • ブロガー
  • Webライター
  • アフェリエイター
  • SNS代行

ここに全部書き切るのは、無理ですが本当にたくさんの仕事があります。
『ネットビジネス』の良いところは時間・場所を問わずに自分の時間でできることです。

なので、時間は決まってないけど、少しでも良いから稼ぎたい!という方には自信を持っておすすめします。

その中でも私がおすすめなのは、

  • Webライター
  • ブロガー

です。

なぜかというと簡単に始められるからです。
特にWebライターは即金性があります。やったぶんだけ、すぐお金に変わります。

「クラウドソージング」に登録しておくと、フリーランスの無名ライターでも仕事が取れます。

クラウドソーシングとは仕事を頼みたい企業や個人の方と、仕事が欲しいフリーランスの方を双方向からみることができるものです。

クラウドソーシングで依頼される仕事は様々です。
とても大きい仕事で、ある程度長いお付き合いで記事を書いていただけるなら◯万円〜というのもありますし、
その時だけ依頼して、仕事をこなせば報酬をもらえるシンプルな作業(その変わり報酬は低いですが…)もあります。

どちらを取るかは、なかなか難しいですが、どちらにもメリット・デメリットがあるので自分のできる範囲で仕事をすることに限りますね。

副業のつもりが本業よりも稼いでて、副業一本にする人だっていますし、
本業も続行しながら副業もバチバチにこなしている人もいらっしゃいます。
副業に「こうあるべき」なんてものはないですし、
もっと言えば働き方も多様になってきているので本当に自由に働いてる方がたくさんいますよ。

《副業を始める時の注意点》
私なりに副業を初めてみて、気をつけて欲しいことなどをお伝えします!

  • 最初から稼ごうと思わない方が良い
  • 自分がやりたくない仕事まで無理してやらない
  • 自分のできる範囲で仕事をする
  • お仕事をしながら、知識を身に着ける

大きく言うと、この4つです。

最初から稼ごうと思わない方がいい

始めるときは、よしっ!稼ぐぞ!と言う気持ちでスタートをきる方が多いのですが、最初は期待しない方が良いと思います。
私も始めた頃は、え?…あんだけやってこれだけ?少なっ!!!となりました。期待していたからですね笑
最初は誰でもそんなもんです。今ジャンジャン稼いでいる人だってそうだったはずです。

なので、本当に期待しないでください。
趣味感覚で初めて、よっしゃ!お金もらえたラッキー☆というぐらいの方がモチベーションも上がるし、次に繋がります。
これは忘れないください。

自分がやりたくない仕事まで無理してやらない

つい、稼ぎたい気持ちが優先して、自分が未知の世界まで仕事が広がってしまうことがあります。
うまく行けば良いですが、自分の興味のないことについて記事を書いてもありきたりな記事なってしまいます。

やっぱり自分の得意分野が人にはあるはずです。ファッション・グルメ・旅行・音楽・建築・車なんでも良いんです!
自分が他の人よりも時間を費やしているものがあるはずです。
それがあなたの副業の武器になります。直接関わっていなくても間接的にアイデアが浮かんだりすることもありますし、
なるべく自分の好きなことで仕事を探してみてください!
そうすればきっと継続的に仕事ができるようになると思います。

自分のできる範囲で仕事をする

副業ということは本業があるはずです。そこは忘れないでくださいね。
副業と本業を両立できている大人はカッコイイですが、基本、本業を優先して欲しいと思います。
どちらも仕事が押してて困った…となってしまうと大変危険です!

お仕事しながら知識を身に着ける

これは、無理には言いませんが、副業も安定してきた時に次にやって欲しいことです。
最初は慣れることが大切です。
その次のステップで、どうしたらもっと上に行けるか困った時は、知識を身につけているか確認してください。ステップアップには新しい知識は必要です!

ここまでが私の気をつけて欲しいことです。

基本的な副業(今回はライター)を始める流れは

①自分の方向性を決める(どんな稼ぎ方がしたいか 環境・時間帯・書くジャンルなど)

②クラウドソーシングに登録(いろんなサイトがあるので、どれが自分にあっているのか見極めて、登録)

③実際に記事を書いてみる(最初は簡単な案件からこなしていくこと)

④慣れてきたら知識をつけてもよし

こんな感じです。
登録すればその当日に記事を書くことだってできます。
基本、誰でもできます。仕事はたくさん転がっているので自分で掴みにいってください!
向こうからオファーがくるのはある程度経験のある人です。

あまり期待しすぎず、長い目でみながら気楽にやることがなんといっても重要だと私自身の経験から感じています。

始めるのは簡単、あとはどう持っていくかです。
自分次第でどうにでもなります!

これを読んでくれた人が副業に少しでも関心を持ってくれたら嬉しいです。

ありがとうございました。

メールレディのお仕事!8~9割はアダルトな話です!

神奈川県在住、20歳女子大学生です。
私は二年程前、メールレディというお仕事をしていました。

メールレディのお仕事の概要としては、簡単に説明すると、男性と会話をしてお金をもらうというお仕事です。会話は、チャットであったり音声通話、ビデオ通話を通して行われます。

金額は、サイトやアプリによりますが、大体チャットで一通10円、音声通話で一分30円、ビデオ通話は一分70円程度です。

ただ、メールレディいの主な会話内容としてはアダルトなことが中心であるため、そういった話が苦手な方はこのお仕事はできないかもしれません。

ビデオ通話でもそれなりのことを要求される場合があります。上手く会話を盛り上げ、いかに長い時間通話をしてもらえるかどうかがこのお仕事の肝となるでしょう。

メールレディのお仕事ですが、層としては、私のような学生から社会人の方まで幅広いような印象を受けます。男性のニーズが重要なお仕事なので、若い方が比較的稼ぐことができるとは思いますが、30代、40代の方でもテックニック次第で十分チャンスはあるのではないかと思います。

月収としては、副業としてやっている方は大体5万円程度だと思います。本業としてやっている中には100万円ほど稼いでる人もいるそうです。

ここからは私の話ですが、私は18歳の時にこのお仕事をお小遣い稼ぎ感覚で始めました。このお仕事のよい点として、家で暇な時にできること、振り込みが申請後2,3日後に振り込まれるため、緊急でお金が欲しいときに便利なこと、単純に時給が高いことです。

冒頭でも離した通り、メールレディのお仕事にアダルトな話題は欠かせません。

私は正直そういった話はあまり得意ではなかったのですが、時給1000円のバイトよりたくさん稼ぎたいという気持ちからこのお仕事をすることを選びました。

私の登録したサイトでは、最初にミッションボーナスというものがあり、チャットや通話で通常得られるポイントの他、ボーナスポイントも得られたため、すぐに3時間ほどでで1万円を稼ぐことができました。

(ミッションボーナスというのは、チャットを10通送信して○円や、通話を5分して○円など追加でもらえるものです)当時時給千円でバイトをすること以外お金を稼ぐ方法を知らなかったため、その成果がとてもうれしかったことを覚えています。そこからバイトをやめて、その時間をメールレディの仕事に費やした結果、一ヶ月で20万円ほど稼げました。

その後もはじめの月ほどではありませんが、学校や課題の合間をぬってお仕事をし、月15万円ほど継続的に稼いでいました。

メールレディはやればやるほど常連さんができ、安定的にお金を稼げるようになっていきます。また、直接会う訳でもないので、安心してできるお仕事でした。中には無理を言ってくる方や、暴言を吐く方もいますが、私はそういった方はすぐブロックして関わらないようにしていました。

具体的な仕事内容ですが、何度も申し上げてはいますが、アダルトが8,9割を占めるのではないかと思います。

中には普通の話をされる方もいらっしゃいますが極まれであると思います。生々しい話ですが、チャットでは経験人数や具体的に好きなプレイを聞かれたり、ビデオ通話では体を見せたりします。

ただ女性器を見せることは許されていないため(アカウントが消されてします可能性があるため)見せるよういわれても上手く会話をかわし、断る用にしていました。正直先ほど話したように、私はアダルト関係の話が得意ではなかったので(むしろ苦手でした)、自由がきいてお金が稼げるという利点はありますが、それがなければすぐにでもやめたい仕事でした。

男性に気に入られることが大切なので、気に入られるように上手く興味を引くような話をしたり、好きでもないアダルトな話を好きだといって話したりなど、今思うと私には向いていなかったお仕事なのかなと思います。一日1、2時間程度で月15万稼げてはいたので、今やっているバイトより稼げてはいましたが、今はもうメールレディの仕事はやっていません。

この仕事は向き不向きがあるものだと思います。自由で割と高収入な仕事ではあるので十分魅力的ではあると思います。しかし、私のようなアダルトな話が苦手な人は、この仕事を続けていくのは精神的な疲労が伴うため難しいのではないでしょうか。

この仕事が向いている人は、第一にアダルトな話が好き、または話すことに抵抗がない人であること(体を出すことに抵抗がない人は強いです)。

第二に、時間に縛られたくない人(自由に時間を決めて自由に働きたい人)。第三に、短時間でお金が稼ぎたい人。第四に、家で一人で仕事をしても苦にならない人。

この四つが全てそろっている人はメールレディやるべき人です。稼げます。(正直見た目も重要ですが、、、)
不純ですが、人を喜ばせる方法を知れたことはこの仕事をしてよかったことなのかなと思います。ただし 不純 ではありますが、、、。